About Hydroptic

Hydropticは、動物プランクトンの研究に寄与するZooSCAN、UVP、Nemoシステムを製造し、世界中の海や水域で調査を行っている大学や研究機関等に販売しています。HYDROPTICはフランス国立科学研究センター(Centre national de la recherche scientifique 、CNRS)と密接に協力して、これらのシステムをサポートするその他の付属機器やソフトウェアの開発、製造、販売も行い、それらのアプリケーションに関するトレーニングやサポートを提供しています。

動物プランクトンスキャナー

ZOOSCAN


Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

ZooSCAN は主に動物プランクトンを対象としたスキャン画像を取得する機器で、収集した画像を高速かつ半自動で処理・分析・分類できます。スキャンした全体画像から自動で 1 個体もしくは 1 粒子ごとに抽出し、付属のソフトウェア「Plankton Identifier」を使用することでこれらの個体・粒子を自動で画像解析し、同定することができます。加えてバイオマス解析では必須となるサイズ情報も併せて取得します。

ZooSCAN を使用することで顕微鏡下では膨大な時間が必要となる計数・計測・同定の作業をより短時間で、より簡単に分析することが可能となります。

また、取得したデータフォーマットは仏ヴィルフランシュ海洋研究所の研究者を中心に開発され、世界中で利用されているウェブ同定アプリケーション「EcoTaxa」にも対応しています。 https://ecotaxa.obs-vlfr.fr/

Zooprocess は ImageJ のマクロプログラムです。1 粒子毎の画像情報が数値として記録されるため、これを使用してサイズ(ESD:mm)を算出することができます。

寸法 (L×W×H) 60×54×36 cm

重量 25 kg

通信 USB2.0

電源 110-230VAC 50-60Hz

サンプルボリューム 0.65L

必要サンプル量 0.2 ~ 1 L

解像度 最大 4800 dpi

スキャン画像サイズ 14,150 × 22,640 pixel

ソフトウェア Zooprocess Plankton Identifier

画像フォーマット .tif(スキャン時) .jpg(抽出時)

検出限界 200µm

水中投入型動物プランクトンカメラ

UVP-6HF


UVP6-HF は水深 6,000m までの粒子データを連続的に取得できる、主に動物プランクトンを対象としたイメージング技術測器です。

635nm の LED 光源をフラッシュさせて、その間を通過する粒子に焦点を合わせるシンプルな仕組みを採用しています。100µm 以上は粒子数としてカウント、このうち 600µm 以上はグレースケールの画像としても記録します。サンプリングボリュームは 0.65L で、カメラの解像度は 5Mp となります。

スタンドアローンのみならず、Sea-Bird 社製 CTD 用採水フレームに取り付けることも可能です。さらに CTDへオプションセンサーとして接続することで 100µm 以上の粒子数(inds. L -1 )をリアルタイムでモニタリング、これにより CTD で得られる各種環境パラメータと併せて生物や粒子の挙動を解析することができます。

解像度 5 MP

焦点距離 12mm

ライト 635nm(赤色)

サンプリングボリューム 0.65L

最大撮影間隔 20Hz

メモリー 1TB (SD card)

検出限界 粒子数 (no. L -1 )=100µm 画像記録= 600 µm

内蔵圧力センサー精度 0.1%

通信 RS232 イーサネット アナログ I/O(要相談)

耐圧 6,000m

ソフトウェア Zooprocess Plankton Identifier



係留用動物プランクトンカメラ

UVP-6LP


Carousel imageCarousel image

UVP-6LP は水深 6,000m までの粒子データを連続的に取得できる、主に動物プランクトンを対象としたイメージング技術測器です。

635nm の LED 光源をフラッシュさせて、その間を通過する粒子に焦点を合わせるシンプルな仕組みを採用しています。100µm 以上は粒子数としてカウント、このうち 600µm 以上はグレースケールの画像としても記録します。サンプリングボリュームは 0.65L で、カメラの解像度は 5Mp となります。

同シリーズの UVP-6HF よりも低コスト、省エネルギー、省スペースであるためそれに伴いサンプリング頻度は最大 1.3Hz となりますが、グライダーやフロート、AUV といった自動観測機器への組み込み、また係留計としての使用に特化した設計となっております。

また、取得したデータフォーマットは仏ヴィルフランシュ海洋研究所の研究者を中心に開発され、世界中で利用されているウェブ同定アプリケーション「EcoTaxa」にも対応しています。 https://ecotaxa.obs-vlfr.fr/

解像度 5MP

焦点距離 12mm

ライト 635nm(赤色)

サンプリングボリューム 0.65L

最大撮影間隔 1.3Hz

メモリー 400GB

内蔵圧力センサー精度 0.1%

検出限界 粒子数 (no. L -1 )=100µm 画像記録= 600 µm

通信 RS232、イーサネット

耐圧 6,000m

ソフトウェア Zooprocess Plankton Identifier