About ALSEAMAR

ALSEAMARはフランスを拠点として、水中グライダー、サーフェスドローン、水中スラスター、水中音響測位装置、海軍無線通信アンテナシステム、純合成発泡水中浮力製品の設計、製造、運営、およびサービス提供(海上および水中監視、点検、海軍システムのメンテナンスおよび近代化、訓練等)を行うメーカーです。

SEA EXPLORER X2

日本語カタログ

SEA EXPLORER X2の特徴

フランスのマルセイユにあるALSEAMAR-ALCEN社製『SEA EXPLORER X2』はエンジンやプロペラのような動力を必要とせず自律航行を行う水中グライダーです。内部の充電式リチウム電池が前後左右に動くことで重心移動を行います。先端部分には任意のセンサー搭載可能です。水面に上がってきた際に衛星通信を行位置補正や取得データ等を送信します。

<搭載可能センサー例>

・CTD (+ DO) ・Altimeter ・ADCP

・Fluorometer Nitrate(栄養塩) Turbulence(乱流)

・Water sampler(採水) ・Methane gas

※ALSEAMAR社は、他のグライダーメーカーよりも積極的に新しいセンサーを採用しており、ここ1~2年でSeaExplorerは最も海洋調査用途に適した水中グライダーであるとの評価を得ております。

主な特徴

・イリジウム通信による遠隔操作/データ受信/位置修正が可能

・wet & dryの2セクションに様々なセンサーを搭載でき、ペイロードは交換可能

・充電式リチウムイオンバッテリーを搭載し長期観測が可能

(長寿命の一次リチウム電池も選択可能)

筐体を開けずにコネクター から充電可能バッテリー交換のたびにメーカーへ送る必要がなく、輸送費の大幅な削減を実現

・専門知識のない人でも操作が可能

SEA EXPLORER X2による観測の主な流れ

準備

  1. 動作確認(搭載各センサー、ラジオ・イリジウム通信etc)

  2. バラスティング(真水でOK、必要に応じて補助ウェイト追加etc)

  3. 動作シミュレーション(陸上又は船上で可能)

  4. 電池容量の確認(充電式リチウムイオン電池の場合には充電作業、

  5. 一次リチウム電池の場合は必要に応じて新替え)


観測

調査船や小型ボート等からグライダーを投入し、設定した潜航深度/プロファイル間隔等に基づいてミッションを実行

  1. 事前のテスト観測や投入/回収はラジオ通信(近距離用)にて操縦

  2. 観測中はイリジウム通信にて操縦/データ伝送を実行 (観測途中でもミッション変更が可能)

※標準のパイロットソフトウェア(IRIS)、もしくは、管理・運用WEB アプリ(GLIMPSE)の選択も可能

終了

  1. 小型ボート等を用いてグライダーを安全に回収

  2. グライダー本体及び搭載各センサーを真水で十分に洗浄

  3. グライダーから全ミッション及びサイエンスデータを回収 (ADCPなどの大容量データは直接センサーからデータ回収)

仕様詳細