About ABYSSENS

ABYSSENSはフランス ロリアン地方を拠点として2019年に創業されました。主に水中音響と人工知能の技術を活用した製品を製造するエンジニアリング会社です。水中音響と人工知能に加え、画像・信号処理、ソフトウェア開発など、深く幅広いスキルを有しております。

高性能な水中音響レコーダー DORI

ABYSSENSの水中音響レコーダー(DORI)は、高い音響性能、大容量ストレージ、低消費電力という特徴があります。具体的には、110dB以上のダイナミックレンジ、最大250kHzのバンド幅、最大16TBのストレージ容量を持つ水中音響レコーダーのラインナップを取り揃えております。短時間のリスニングから長時間のモニタリングまで、また沿岸から深海まで、お客様のニーズに合わせた水中音響レコーダーを最適な価格でご提供します。

DORIには2つの周波数帯域が用意されており、水中音響を完全に聴き取ることができます。エビの鳴き声から海獣の声までの生物音、船の輻射音から沖合での作業音など、様々な音源を録音することができます。海面下での自己ノイズをゼロに抑え、高いダイナミックレンジを確保しているため、周囲の騒音と大音量の音源を同時にモニターすることができます。

日本語カタログ

(※右のPDFアイコンクリックしてダウンロード)

DORIの特徴

・高ダイナミックレンジ:110 dB

・最大 4 TB(XS モデル)または 16 TB(L モデル)の大容量ストレージ

・用途に合わせた3 種類の電源方式

①外部電源

②内蔵充電式バッテリー

③内蔵アルカリ電池

SDカードおよびエネルギーへのクリーンかつ安全アクセス可能

・WiFi による設定(レコーダーの開閉が不要)

・ソフトウェアで設定可能な増幅ゲインおよびハイパスフィルター

・24 ビットの生データ保存 (.wav)

・海面下での自己ノイズが0

・レコーダーのリモートでのソフトウェアアップデート

DORIのラインナップ

・XSモデル:外部電源にて駆動

※XSモデルは非常に小型なため、ROVやAUV、

グライダーなどに搭載することも可能です。

・Sモデル:最大15日間動作可能

・Mモデル:最大3ヶ月動作可能

・Lモデル:最大6ヶ月動作可能

S、M、Lモデル用の内蔵電池はリチウム充電電池(空輸可能)またはアルカリ電池を使用することができます。

簡単かつ効率的信頼性の高い設計

DORIはSDカードと内蔵バッテリーにアクセスするためのクリーンで安全な開口部を備えており、内蔵されている電子機器と接触することはありません。そのため、SDカードやバッテリーの交換を船上で素早く、清潔に、安全に行うことができます。

設定する際にケーブルは必要ありません。レコーダーを開けることなく、スマートフォンやラップトップからWiFiを使用して船上で直接レコーダーの設定にアクセスすることができます。録音を開始するのも簡単です。ケーブルもマグネットも不要で、セレクターをオンにするだけ自動的に録音が開始されます。

水中音響データ表示ソフトウェア DaViS

専用ソフトウェア DaViSにより、録音後の可視化が可能です。DORI水中音響レコーダーの.wavファイルからリプレイモードで音響解析を行います。

DaViSは下記を表示可能です。

・スペクトログラム

・音圧レベル(SPL)の時間変化

・パワースペクトル密度

・第3オクターブのバンドレベル

さらにDaViSでは、オーディオのリスニングも可能です。

DORIの詳細仕様